毎日ちゃんとお風呂に入って頭も洗っているのに、赤ちゃんの頭に白いフケみたいなものが出続ける・・・。

顔や体にでる乳児湿疹ならパッと見て状態がわかるのでケアしやすいですが、フケってなかなか原因がわからないですし即効性のある対処法もないので心配になりますよね。

そこで、フケってなんなのか、もしかしたら他の原因かもしれないので赤ちゃんのフケについてまとめました。

そもそもフケって?

フケってなんだか不潔なイメージがありませんか?

でも実は毎日キレイにしていてもフケって誰にでも出るんですね。

フケの正体は頭皮の角質が剥がれ落ちたものです。古くなった角質が取れてくるのですが、これ自体は自然なことです。肌のターンオーバーと同じようなイメージというと、わかりやすいでしょうか?

ただし、普通に頭皮が生まれ変わるだけなら目立つほどのフケはでず、やはり何らかの原因があります。

フケにはカサカサしたものが出る乾性フケとベタベタする脂性フケがあり、それぞれ原因や対処法が異なりますが赤ちゃんはさらに肌トラブルが多い時期ですので、さらに考えられる原因が増えるんですね。

もしかしてフケじゃない?考えられる原因

あれ、赤ちゃんに考えられるフケのようなものの原因とは何でしょうか?

乳児脂漏性湿疹・新生児ニキビ

およそ3ヶ月頃までによく見られる、乳児脂漏性湿疹。症状は黄色いかさぶたのようなものが顔から頭にかけて出ます。
ポロポロと剥がれ落ちていくためフケに見間違うこともあるようですが、乳児脂漏性湿疹はちゃんと毎日お風呂に入っていればいつの間にか取れているので安心してください。

心配だからといって無理に剥がしてしまうと悪化するので、我慢しましょう。

同じく3ヶ月くらいによく見られる新生児ニキビも、荒れてカサカサになった皮膚が剥がれてフケに見えることがあります。
こちらも清潔にしていれば自然と治まるものなので、髪をかき分けて頭皮に湿疹が出ていないかチェックしておきましょう。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の多くは皮膚がカサカサと乾燥してポロポロ落ちる症状があります。

アトピーと聞いて治らないのではと思われるかもしれませんが、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎はちゃんとケアしてあげればほとんどが治るので、まずはかかりつけの医師に相談してみてください。

>> 赤ちゃんにおけるアトピー性皮膚炎の原因と症状・ケア方法

頭皮の乾燥

フケが出ている → ちゃんと洗えていないかも… → よく洗う

このループは危険です。洗い過ぎると必要な脂質まで流してしまい頭皮が乾燥してしまいます。
その結果、フケが出てしまうということなりかねません。

フケだけじゃなく赤ちゃんの肌に乾燥は禁物です。過度な洗浄は乾燥の原因となりますのでご注意ください。

そもそも赤ちゃんは新陳代謝が盛ん

赤ちゃんは新陳代謝が盛んでよく汗をかき、湿疹が出やすいんですね。

多少湿疹やフケのようなものが出たからといっても元気でおっぱいやミルクをよく飲んでいれば何ら問題はありません。

その上でしっかりとホームケアをしていれば自然と治まることがほとんどなのであまり気を張り過ぎないようにしましょう。

赤ちゃんのフケ(のようなもの)をホームケアで治す

自然に治ることが多いとはいえ、何もしないと悪化する可能性もありますのでちゃんと毎日ケアしてあげましょう。

と、いっても特別なにかしないといけないことはないのですが…

清潔にする

毎日お風呂に入るのはもちろんのこと、着ている衣服、ベッド、部屋の掃除と常にキレイな空間が望ましいですね。

特に赤ちゃんは汗をかきやすいので衣服や頭が接触するベッドやマットなどはこまめに取り替えましょう。

優しくあらう

お風呂で頭を洗う時に、ゴシゴシしてしまうと余計な皮脂を落としてしまうとともに、皮膚にもダメージを与えてしまうことになります。たっぷりの泡で撫でるように優しく洗ってあげましょう。

お風呂あがりもタオルでこすりすぎず、優しく拭きましょう。

保湿をする

保湿と言えば顔や体だけと思われがちですが、頭皮も保湿が必要です。

保湿のタイミングはお風呂あがりすぐと起床後の1日2回がおすすめです。

赤ちゃんに使える保湿剤なら市販のものでもOKですが、低刺激のものがよいでしょう。