やっと新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹が終わったと思ったら、なんだか肌がガサガサしてかゆそう・・・

それ乾燥性湿疹ですね。

乳児湿疹が終わったと思っても赤ちゃんはまだまだ未熟なため肌トラブルを起こしやすいんです。

乾燥性湿疹は季節限らずにかかってしまいますので、対策とケア方法をご紹介しますね。

赤ちゃんと大人の乾燥性湿疹のちがい

肌が乾燥する事が原因で乾燥性湿疹になる、と一言で言っても、赤ちゃんと大人とではちょっと違う部分があるんですね。

大人は歳を取るに連れて肌の潤いが失われていくため乾燥肌になりやすく(書いていて悲しいですが)肌トラブルが増える元になります。その他にも、食生活やストレスなどの環境要因にも大きく影響されるんですね。

赤ちゃんは3ヶ月頃まで皮脂の分泌が活発でそれが影響して乳児湿疹になるわけですが、3ヶ月を過ぎると落ち着いてくるんですね。すると、今まで肌を覆っていたものがなくなり、乾燥していってしまうんです。

つまり乳児湿疹からの乾燥性湿疹は高確率で起こり得る赤ちゃんの肌トラブルということです。

症状としては同じで、肌の表面がカサカサになったりひび割れたり、ぶつぶつが出来て痒くなったりします。できれば避けてあげたい肌トラブルですよね。

肌が乾燥するなら潤せばいいじゃない

乾燥性湿疹には保湿がイチバンです。

もうこの一言でこの記事が終わってもいいくらい、大切なことです。
超重要キーワードです。テストにで・・・ないですけどね。

ひび割れて血が出てしまったり、掻きすぎてジュクジュクになってしまったら保湿では治すことができませんが、軽度のものであれば保湿で十分です。乾燥性湿疹は肌が乾燥することによってできてしまうのでぷるっぷるにしてあげればいいのです。

使う保湿剤は何でもOKです。市販の保湿液やローション、病院でもらうワセリンやヒルドイドなどで大丈夫です。

一番安く上がるのは病院で保湿剤をもらうことですかね。かかりつけの小児科で「肌が乾燥してカサカサになってかゆそうだから」と相談すると保湿剤をもらえるはずです。

地域によっては子育て支援の一環で医療費が無料であったりワンコインで受診できたりするので余計な薬代がかからずにすみます。ただ、他の病気を貰う可能性はありますが・・・。

保湿は1日2回が最低ライン

保湿はいつすればいいの?と小児科の先生に聞いたトコロ、お風呂あがりに直後と起床後の1日2回がいいよ、との回答がありました。

お風呂あがりは出来るだけ早く保湿することが大事だそうで、時間が経つと肌から水分が蒸発してしまい効果が薄いらしいです。また、起床後はそのまま保湿せずにお湯でさっと拭いてキレイにしてから保湿剤を塗るのがいいんだとか。

基本的には1日2回でいいと言われましたが、外出前に薄く塗ったりしてもいいようです。

ころころ転がり回る時期、ただでさえオムツ替えに必死なのに保湿なんてやってる暇がないと思われるかもしれませんが、保湿は様々な肌トラブルから赤ちゃんを守ってくれる大切なケアなんです。

乾燥肌だと食物アレルギーになりやすい!?

いきなりですが「茶のしずく石鹸事件」をご存知でしょうか?

茶のしずく石鹸を使ったことによって小麦アレルギーを引き起こして訴訟問題まで発展した事件です。

ではなぜ石鹸を使っただけで小麦アレルギーになったんでしょうか?

原因は茶のしずく石鹸に含まれる小麦の加水分解物と言われています。その成分が弱った皮膚バリア機能の間を通り吸収されたことによって食物アレルギーを発症してしまっというのがポイントの1つです。

最新の研究では荒れて肌バリアが低下してしまった皮膚から花粉症や様々なアレルゲンが侵入することにより、アレルギーの反応が現れるとの発表がありました。

つまり、乾燥肌は単なる肌トラブルだけでなく、他の疾患も誘発してしまう可能性があるということになります。こわいですねぇ・・・

でも安心してください!
保湿することによってアトピー性皮膚炎や食物アレルギーのリスクを減らすことができるというのも同じ研究でわかってきているのです。

保湿をするだけで赤ちゃんの肌トラブルだけでなく余計な疾患を未然に防ぐことができる。
毎日の育児に追われて大変かもしれませんが、この時期のホームケアによって大人になってからの肌トラブルも少なくすることができるなら・・・

保湿はやらないと損ですよ。