乳児脂漏性湿疹は生後1、2週間から4ヶ月頃に現れる乳児湿疹の一種です。

湿疹というと赤いぶつぶつをイメージすることが多いと思うのですが、乳児脂漏性湿疹は黄色いかさぶたのようなものができるちょっと特殊なものになります。

新生児ニキビと同じようにほとんどの赤ちゃんがかかると言われています。

毎日のケアをしておけば、自然に治るものなのでしっかり行ってくださいね。

乳児脂漏性湿疹の原因と症状

  • 原因は新陳代謝の未発達と母親のホルモン
  • 黄色いかさぶたのようなものができる
  • 主な範囲は顔・耳・頭皮
  • ひどくなるとジュクジュクしてくる
  • 新生児ニキビとセットで出来やすい
  • 生後3ヶ月あたりから落ち着くことが多い

乳児脂漏性湿疹は赤ちゃんがママのお腹にいた時にもらっていたホルモンが原因だといわれています。
まだ赤ちゃんの中に残っている余分なホルモンの影響で皮脂の分泌が多くなるんですね。その量にまだ未発達な毛穴や新陳代謝が追いつかなくて乳児脂漏性湿疹となってしまいます。

そして乳児脂漏性湿疹の特徴は黄色いかさぶたのようなものができること。

触ると硬くカサカサしていますがひどくなってくるとジュクジュクしてきて黄汁が出てきてしまいます。

症状が出るのは顔から頭皮にかけてになります。全ての部位に出るわけではなく部分的に現れることもあるようです。特にほっぺたや耳たぶ、耳の後ろ、頭皮は多くの赤ちゃんに見られます。

私の子どもはそれに加えて目の周りにまで出てしまって、一時期は黄汁がくっついて目が開かないくらいでした・・・。

頭と寝具などが触れる後頭部や耳、赤ちゃんが自分でこすることができるほっぺたなどの範囲はひどくなりやすくジュクジュクになってきます。黄汁が出た部分にはホコリ等がつきやすく、雑菌が入る原因にもなりますし、耳は「耳切れ」といって割れたように切れることがあるので気をつけてください。

皮脂の分泌が落ち着いてくる3ヶ月頃から乳児脂漏性湿疹も減ってくることが多いです。

つまり、乳児脂漏性湿疹は自然に治るんですね。

極端にひどくならない限り病院へ行く必要はないため、毎日のケアをしっかり行いましょう。

乳児脂漏性湿疹のケア方法

ではどうすれば乳児脂漏性湿疹を最低限に抑えることができるのでしょうか?

それはやはり、毎日のケアにかかっています。

赤ちゃんの肌トラブルを防ぐためには大切なことなのでぜひご参考ください。

もしかして間違っているかも?正しい洗い方

洗い方でそんなに変わるものなの?と思っているなら大間違いです!

赤ちゃんの肌は薄く弱い上に、乳児脂漏性湿疹が出てるとなると肌環境が荒れているのは一目瞭然ですよね。

私達もニキビができた時には洗い方や洗顔料を変えませんか?それと一緒ですよ〜。
気をつけてほしいポイントは2つ!

ポイント①「泡」

泡って、いつも泡立てているからそれでいいんjy・・・よくないんです!

片手で作った泡、最初から泡出てくるソープ。
確かに泡なんですが

もっと、ふわっふわの泡がいいんです。

洗顔料のCMに出てくるような、手に乗せて顔を突っ込んだら幸せそうなあの泡!

作り方は泡立ちネットを使ったり洗顔用の泡立器を使うのがおすすめ。そして作った泡は使いやすいように洗面器などの容器に入れておきましょう。これで準備OK!

ポイント②「優しく洗う」

赤ちゃんを洗うときはガーゼや指の腹などで優しく洗うのが基本ですが、乳児脂漏性湿疹が出ている時にはさらに優しく洗ってあげてください。

どれだけ優しくかというと、「指が肌に触れるか触れない程度」です。こするのではなく、ポイント①で作った泡で撫でてあげるようなイメージ。

流すときはお湯を含ませたガーゼで拭うのですがこれも、こすってしまうと余計にダメージを与えてしまうのでポンポンと軽く叩くようにしましょう。落とし残しがないようにしてくださいね。

洗う順番って決まっているの?
乳児脂漏性湿疹の洗い方には特に順番はなく、洗い残しがないようにすればOKです。一気に顔全体を洗ってもいいですし、部位別に洗っても問題ありません。
ただ、3ヶ月頃になってくると掻くようになってきます。そうすると、泡がついた顔をこすってしまう可能性があるので部位ごとに洗う方がおすすめです。ちなみに私は「左頬左耳、耳裏→あご→右頬右耳、耳裏→Tゾーン」の順番で洗っています。
耳が洗いにくい!いい方法はない?
赤ちゃんの耳って洗いにくいですよね。私も苦労しましたが、2人目にしてようやく理想(?)の耳の洗い方を見つけました!
コツは挟んで洗うこと。泡を付ける時も流す時も人差し指と親指で軽く挟むようすると思いの外キレイに洗えますよ〜。ホコリ等が付いている場合はお湯をたっぷり含んだガーゼで何回か挟んでいると落ちますので、無理に取ったりしないでくださいね。
入浴前にベビーオイルなどでふやかした方がいいの?
顔は比較的洗いやすいのですが、頭皮にできた乳児脂漏性湿疹はなかなかの頑固者。きちんと洗えているか心配ですよね。気になるようでしたら入浴前にベビーオイルやオリーブオイルなどを塗っておくと柔らかくなります。ですが、基本的に乳児脂漏性湿疹は自然と治まるものですから、絶対にオイルを付けないといけないわけではありません。事前に柔らかくしなくても毎日丁寧に洗っていればいつの間にかポロッと落ちていますので気にしすぎなくても大丈夫ですよ。

保湿は肌トラブルケアの鉄板

赤ちゃんに限らず保湿はスキンケアの鉄板ですよね!

使う保湿剤は赤ちゃんに使えるものであればなんでもOKです。できれば無香料・無着色など余分なものは入っていなくて口に入れても安全なものがおすすめです。

保湿は1日2回。入浴後と起床後に行いましょう。

入浴後はすぐに水分が飛んじゃいますから、出来る限り早めに水気を拭き取り保湿剤を塗ってあげてください。
起床後はいきなり保湿剤を塗るのではなく、先にお湯で拭いてから塗るようにしましょう。ちょっと手間がかかりますが、肌環境を清潔にしてから保湿するほうが治りが早くなります。

肌が薄く、弱い赤ちゃんは保湿を行うことによって肌バリアが正常に機能しトラブルを未然に防ぐことができます。

特に乳児脂漏性湿疹などが現れている時期はちゃんとケアしてあげないと、ひどくなってからは薬での治療ということになります。アレルギーやアトピーは場合によっては一生付き合っていかなくてはならないので、出来る限り毎日のケアで肌トラブル知らずのキレイな肌を保ってあげたいですね。