赤ちゃんがいっぱい動いて、たくさん汗をかいてくれるのは嬉しいですが心配になるのが「あせも」ですよね。

まだ皮膚が薄くて弱い乳幼児期は余計な肌トラブルは避けたいもの。そこであせもの原因と自宅でも治せるケア方法をご紹介します。

【症状別一覧】そもそもあせもって?

汗をかいたところに湿疹のようなものができて、痛くてかゆいのがあせもじゃないの?

確かに、そうなんですが実は一言で「あせも」といっても3種類に分かれるんです。
それぞれによって症状や痛みの有無などが違うのでご紹介します。

紅色汗疹

あせも、と聞いてイメージするほとんどの症状がこの紅色汗疹です。
汗が汗管にたまり炎症を起こして赤くなったりブツブツになります。

かゆみや痛みを伴い、ひどくなるととびひになるので、早めのケアが必要です。

水様性汗疹

水様性汗疹は赤いぶつぶつがでる紅色汗疹とは違い白い水泡のような物ができるのが特徴です。

大きさは1mm〜3mmほどで、水ぶくれのようなものが出来ます。

かゆみや痛みがなく、二、三日すればいつの間にか治っていることが多いです。

深在性汗疹

上記二つのあせもは皮膚の浅いところでできるのですが、深在性汗疹は皮膚の深いところでできるのが特徴です。

大量の汗をかき続けることによって肌のバランスが崩れることが深在性汗疹の原因です。

熱帯の国などでよく見られるようで、日本では珍しいあせもです。

あせもになる原因は汗管の詰まり

あせもができる原因って、汗をたくさんかいたからだけではないんです。

そんなに汗をかいていなくてもあせもになることもあるのでご注意ください。

私達の皮膚の下の汗管とよばれる汗を出す管があるのですが、下記のような原因で汗管が詰まってしまうんですね。

汗管が詰まる原因

  • 汗のかきすぎ
  • 長時間の蒸れ

汗管が詰まってしまうと汗が正しいルートで排出されずに、汗管の周りの組織に汗が漏れだしちゃいます。そうすると、炎症を起こして赤くなったり水ぶくれができたりするのが「あせも」なんです。

あせもができやすい箇所

あせもは出来やすい場所があるんですって、これはなんとなく想像がつくと思います。

頭や顔、首、肘や膝の内側、足の付根やお尻などですね。

つまり汗をよくかくけど乾きにくい場所にあせもはできやすいということになります。あとは包帯やギプスなど蒸れやすい状態にある箇所も気をつけたいところ。

赤ちゃんはおむつの中が要注意ポイントになります。

いくら今の紙おむつが高機能だからとは言え、おむつの中は高温多湿になりやすいんですね。その状態が長時間続くとあせもはもちろん、雑菌の繁殖による肌へのダメージでおむつかぶれにもなる可能性が・・・。

特に夏場はおしっこやうんちが出ていなくても定期的におむつ内の換気をしてあげるとよいでしょう。