接触性皮膚炎、という肌トラブルをご存知でしょうか?

かかってしまうと肌荒れが起こったり湿疹ができたりと、乳児湿疹と同じような症状が特徴です。

ただし、乳児湿疹と違うところは「原因がわかれば対処が可能」なので、万が一肌トラブルが現れても落ち着いて様子をみれば悪化すること無く過ごすことができます。

そこで、今回は赤ちゃんと接触性皮膚炎についてまとめました。

接触性皮膚炎とは?

接触性皮膚炎とはその名の通り、何かに接触したことが原因で肌荒れ、赤み、ただれ、発疹といった症状がみられます。

体の特定の部位にでるというよりは、その原因物質が接触した場所に変化があるという感じですね。

気難しそうな名前でなかなか治りにくいイメージを持ちますが実は誰でもなる可能性があるんです。

そうですねぇ・・・

「よだれかぶれは接触性皮膚炎である」

って書くと、身近なものに感じられませんか??

接触性皮膚炎には2種類ある

先程はよだれかぶれを例として挙げましたが、もう少し掘り下げると接触性皮膚炎には2つのタイプがあるんです。

それぞれ原因も違うのでご紹介します。

刺激性皮膚炎

よだれかぶれは接触性皮膚炎の中でもこの「刺激性皮膚炎」に当てはまります。

赤ちゃんの肌は大人よりも薄く、外部からの刺激にはとても弱いんですね。

なので、ちょっとしたことですぐに肌トラブルに発展します。

寝具や衣類、おむつ、おもちゃなどの素材との摩擦
長期間よだれがついたままや拭き過ぎ
ママの化粧品やパパの整髪料
ボディーソープやシャンプーなどが合わない
刺激がある植物、生物の毛
離乳食
などなど・・・。

症状もちょっと赤くなる程度からかぶれ、発疹までさまざまですが一時的で軽度なのが多いのでそれほど心配しなくても大丈夫です。

ケア方法

よだれかぶれの場合は細くよだれを拭いてあげましょう。

皮膚炎が軽度のものであれば病院へ行かなくても市販薬でOKです。そもそも、薬を使わなくても気がつけば治っているものがほとんどですが・・・。

虫刺され専用のムヒなどではなく、赤ちゃんの肌トラブルに幅広く使える薬を1本常備しておくと安心ですね。我が家はポリベビーが常備薬です。

アレルギー性皮膚炎

アレルギーが原因の接触性皮膚炎で有名(?)なのが金属アレルギーですね。

アクセサリーや腕時計などの金属が肌に触れることによって起こる痒みや赤みなどのことです。

この他にも、植物や薬品など原因は様々です。

刺激性皮膚炎との違いは「ある特定の物質と接触することにより肌トラブルが起こる」ということです。

ですのでどういった素材と触れた時に炎症が起こるのか、細かくチェックしておきましょう。

ケア方法

アレルギー性の場合はその原因となる物質と触れないことが大前提となります。

ただどれだけ避けているつもりでも炎症が起こってしまう場合もありますので、そうなったらかかりつけのお医者さんで検査及び対処法を聞きに行きましょう。

接触性皮膚炎は原因がわかれば怖くない

刺激性・アレルギー性に関係なく、接触性皮膚炎というのは必ず明確な原因が存在します。

つまりその原因さえ取り除くことができれば、接触性皮膚炎とは無縁の生活を送ることできるんですね。

とはいえ、よだれかぶれや離乳食が顔中についた事による肌荒れなどは、避けようにも避けれないものです・・・。

多少の肌トラブルは赤ちゃんにはつきものというスタンスでどーんと構えておくことが一番の対処法かもしれません。