本来ならぷにぷにスベスベの赤ちゃんの顔にできる湿疹って、すごくかわいそうですし何よりショックですよね。

多くの赤ちゃんが乳児湿疹になるとはいえ、出来る限り最小限に抑えてあげたいところです。

でも、この湿疹が一体どんな種類なのか、正しいケア方法がわからないと手が出せませんよね。

そこで、赤ちゃんの顔に出来る湿疹だけにフォーカスを当ててまとめましたのでご参考ください。

新生児ニキビ

生後3ヶ月ごろまでに出やすい乳児湿疹の代表格、新生児ニキビ。
顔や頭に出るのが特徴で、症状としては大人のニキビと同じく赤いポツポツが現れます。

ひどく腫れ上がったりしない限りは、毎日清潔にしてあげていれば自然と治ることが多いです。

肌に触れる衣服・寝具などは柔らかい素材のものの方が良いでしょう。

お風呂あがりの保湿もホームケアのポイントです。

乳児脂漏性湿疹

新生児ニキビと同様に生後3ヶ月ごろまでに出やすいのが乳児脂漏性湿疹。新生児ニキビと一緒に症状が出ることも多いですね。黄色いウロコのような硬くカサカサしたものが顔に現れます。

ほっぺた、おでこ、まぶたなど顔のあらゆる範囲に広がります。基本的にはカサカサですが、よく触ったりする場所だとジュクジュクになってきます。

乳児脂漏性湿疹も毎日お風呂に入って清潔にしてあげましょう。かさぶたみたいなので、取ってあげたい衝動にかられるしれませんが、無理にはがすとダメなのでそっとしておいてください。3ヶ月頃を過ぎるといつの間にか取れています。

私の赤ちゃんはまぶたにひどく乳児脂漏性湿疹が出てしまい、目が開けづらそうでした・・・毎晩のお風呂と朝、ぬるま湯で拭いて上げた後、保湿をしていたところ3日くらいで治まったことがあります。

完全に目が開かなくなるくらいひどい、鼻にできて苦しそうといった状態はかかりつけの小児科か、産後まもなければ産婦人科で聞いてみてもよいでしょう。

あせも

あせも、というと頭や肘・膝の裏、おむつの中などに出来やすいと言われていますが、顔にも例外なくできてしまいます。

赤いぶつぶつしたあせもは痒みや痛みを伴うことが多いので、こまめに顔を拭いてあげたり濡らしたタオルで少し冷やしてあげたりするのが効果的です。

清潔にするのはもちろんのことですが、赤ちゃんが自然と掻いてしまうことも考えられるので爪を短く切って被害を最小限に抑えるのも大事です。

じんましん

赤ちゃんはただでさえ肌トラブルが多いのに加えて、じんましんははっきりとした原因がわからないため正確な対処ができるまで時間がかかる場合があります。

一般的には食品や動植物との接触などがあげられますが、顔に出来るじんましんということは離乳食(食べたことによる反応以外にも、手についたものが直接顔に触れたことも考えられます)や衣服、寝具の素材が合わない・それらとの摩擦などが考えられます。

いつ、何をした後に蕁麻疹がでるのかを控えておけば原因が切り分けやすいですし、避けることもできるのでこまめにチェックしておきましょう。

食物アレルギー

食物アレルギーは顔から出始めることが多く、赤みや痒みを伴うブツブツが現れます。上にあげたじんましんも食物アレルギーが原因で出ることもあります。

あまりにひどい症状が出たらすぐに病院へ行かなくてはいけませんが、ちょっと湿疹が出てるかな?くらいであれば原因の特定を行ってみてかかりつけの医師に相談してみましょう。

離乳食を食べた後にぶつぶつが出たら、まずはその日のメニューをチェックしてみてください。アレルゲンが含まれると考えられる食材を除去してみて様子をみるを繰り返します。

また、母乳をあげているならば自信の食生活も振り返ってみましょう。

早めの予防・適切なケアで顔にでる湿疹を最小限に!

せっかく可愛い赤ちゃんの顔の湿疹がひどいとかわいそうですよね。

でも毎日のケアをしっかりと行っていると症状を最小限に抑えることができます。汗やよだれをこまめに拭いたりなど、見えている部分ですので対処しやすい反面、それだけ露出しているということは外からの刺激も多く受けていることになります。

お風呂でキレイに洗う、保湿を行うほかにも、衣服や寝具、マットの素材、ベビーカーやチャイルドシートのベルト部分など影響を受ける場所はさまざまです。

湿疹が出てからのケアだけじゃなく、どんな状況で湿疹が出たのかを含めて毎日観察しておくとこれからの予防にもなるのでおすすめです。