うんちやおしっこによっておむつ内の通気性や清潔さなど、おしりに直接触れる部分の環境が悪くなると赤くなったりポツポツと湿疹ができるようになります。

いわゆる「おむつかぶれ」ですね。

おむつをしている間は常に発症する可能性がありますが、他の乳児湿疹よりも未然に防げる可能性が高いんです。

キーワードは「おむつ内環境」

いま、赤ちゃんがはいているおむつは、どれくらいの時間が経っていますか??

おむつかぶれの症状

主な症状としては「赤くなる」「湿疹ができる」というものが挙げられます。ひどくなってくるとただれてきたり湿疹が水ぶくれのような水泡になることも・・・。

そして「おむつかぶれ」という名の通り、おむつが触れているところだけに現れます。

普段は何もなくても下痢を起こすとおむつかぶれを起こしやすく、暑い時期にはおむつ内の環境が悪くなりやすく「あせも」も同時に出てくることがあります。

おむつで隠れているので普通の湿疹よりも発見が遅れてしまいがちですが、おむつ交換の時には赤みがないかチェックするようにしましょう。

おむつかぶれの原因

おむつかぶれはコレが原因!といったものがなく下記のような要因が重なってできています。

おむつかぶれの主な原因と解説

  • おしっこ・・・体内の老廃物が排出されたもので肌を刺激する成分も含まれる
  • ウンチ・・・大量の雑菌を含み刺激が強い
  • ムレ・・・汗やおしっこでおむつ内の湿気が高くなり皮膚が弱くなるだけでなく細菌も増殖する
  • 外的刺激・・・赤ちゃんの肌は薄くて弱いため、少しの刺激でも反応します。よく動くとおむつがこすれるため炎症が起こることも
  • カビ・・・長時間おむつを変えないと雑菌だけでなくカビも発生します

おしっこやうんちが出たからといってすぐにかぶれるわけではなく長時間おむつ内の環境が悪いとおむつかぶれになりやすいんですね。

基本的にはこまめにおむつを交換すればおむつかぶれにはなりにくいということです。ただ、肌が弱かったり体調が悪いとどれだけおむつを替えてもかぶれてしまうことがあります。

おむつかぶれはひどくなると薬での治療が必要になりますが、多くはホームケアでおむつかぶれ対策ができるんです。

おむつかぶれの対策

おむつかぶれを未然に防ぐ対策と、気をつけていたけどなっちゃった場合の対処法ってほぼ同じなんですね。

  • こまめにおむつを変える
  • 強く拭き過ぎない
  • お湯で洗い流す
  • 乾燥させる

なにが一番大事かというとこまめなおむつ替えですね。

ちょっとウンチが付いたくらいなら大丈夫〜と放っておくと、カピカピになったウンチがお尻にこびりついて荒れる原因になりますし、取りにくいからと言って強く拭くと余計にダメージを与えてしまいます。

また、なにも出ていないからと長時間同じおむつをつけ続けるのもNGです。おむつは付けているだけで中が高温多湿になりやすいので、ちょこちょこチェックしてあげましょう。

全く汚れていなければ、おむつを開けて換気してあげるのもいいですね。

おむつかぶれで病院へ行く目安

こまめにおむつを替えていても、おしり拭きにどれだけ気をつけていても、残念ながらおむつかぶれになる事もあるんですね。

では、どこまでひどくなったら病院に行けばいいのでしょうか

基本的には範囲が狭くちょっと赤いくらいだと日々のケアでよくなることがほとんどです。

ただし、毎日ちゃんとケアしていてもひどくなる、おしりがかゆそう、拭いたり入浴時に泣くなどの症状が見られた時はかかりつけの病院へ相談に行きましょう。

症状にもよりますが、塗り薬が処方されての治療が多いですね。1日、2日と続けているとすぐによくなりますが安心せずにおむつ内環境の正常化は怠らないようにしてくださいね!