気がついたら赤ちゃんの首に湿疹や荒れができていることってありますよね

特に首は皮膚が重なっていたりして汗がたまりやすいのに、なかなか発見しづらい場所になっています。

ここでは赤ちゃんの首に出来る湿疹の種類とそのケア方法についてご紹介します。

あせも

赤ちゃんの首に出来る湿疹で一番多いのが「あせも」です。

皮膚が重なって二重あごのようになっている部分や、ずっと寝転びっぱなしの時期は首の後ろなどに汗が溜まり、蒸れやすくなっています。

毎日お風呂でしっかり洗っていてもすぐに汚れが溜まる場所なので、暑い時期などは定期的に拭いてあげましょう。

寝返りをしだす頃には首元の換気(?)も頻繁に行われるのでマシにはなってきます。それでも、赤ちゃんは大人よりも汗っかきなので首元に限らずあせもには要注意ですよ!

汚れによる肌荒れ

赤ちゃんの首、特に前の方は皮膚が重なっており、洗うのに苦労しているママも多いのではないでしょうか?

ココは汗だけじゃなくホコリなども溜まりやすくなっており、ちゃんと洗ってあげないと結構臭くなったりして大変なことに・・・

臭いがしているということは、雑菌が繁殖している証拠です。湿疹や荒れてブツブツが出来る可能性があるので、毎日お風呂でしっかり洗ってあげましょう。

たとえ頑なに首を開けてくれなくても!

アトピー性皮膚炎

キレイにしても保湿クリームを塗っていても首の湿疹・荒れが治まらない場合はアトピー性皮膚炎かもしれません。

原因となるアレルゲンは動物の毛やダニ・ハウスダスト・食物など様々なので病院へ行って診断してもらうのが一番です。

原因がわかればケア方法もピンポイントで行えるのですが、しばらくは症状が出続けることが多いです。

ただ、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は治ることが多いので根気よくケアを続けましょう。

ウンナ母斑

ウンナ母斑(ストークマーク)とは後頭部からうなじ辺りにかけて出来る赤く平らなあざのようなものです。血管の色が浮き出たものですが痛みやかゆみはなく悪性になることもないので、心配はいりません。ただ、赤いだけ。

成長するに連れて薄くなるケースがほとんどですが、大人になっても残ることもあるそうです。が、ほとんどが髪の毛で隠れて見えなくなるようですね。消そうと思えばレーザー治療で消えるみたいですが、それは大人になってからの話。

ウンナ母斑は「コウノトリが運んでくるときのクチバシの跡」や「天使のキスマーク」といったように幸運の印としてヨーロッパでは呼ばれているようなので赤ちゃんの今は見るたびに生命の神秘に浸るのもいいかもしれません。

・・・と、書いていながらアレですが、「コウノトリっておくるみに入った赤ちゃんを運んでるイメージだし、直で首元咥えるとか、猫じゃん。痛そうだし。」と頭をよぎるくらい現実的です、私。