治ったと思ったらいつの間にか再発している乳児湿疹。いつまで続くのか不安ですよね。

実は「乳児湿疹」というのは赤ちゃんに見られる湿疹の総称で、その種類や年齢(月齢)によってあらわれる時期や期間が異なるんです。

そこでどの乳児湿疹がいつまで続くのか、症状別におさまる期間やあらわれる月齢などをまとめました。

症状で見る乳児湿疹の期間

新生児ニキビ

症状

新生児ニキビは主に赤い発疹が顔や首に広がります。中には白い芯がある出来物が出来たりとと大人のニキビと同じような症状になります。

ひどくなるとジュクジュクしたり膿んでくるのでそうならないためにも毎日ケアしてあげましょう。

新生児ニキビはいつまで?

早くて生後1周間ほどから発疹が見られるようになります。

多くは3ヶ月頃を過ぎると自然に治まってくるため自宅ケアで十分なことがほとんどです。

ただ、3ヶ月を過ぎても赤い発疹が収まらない・体全体に広がる場合はアトピーの可能性も考えられますのでお医者さんに診てもらうことをおすすめします。

対策、ケア方法

新生児ニキビの基本的なケアは「清潔にすること」「保湿」の2点です。

基本的には部屋を清潔にして毎日お風呂に入り、すぐに保湿していればいつのまにか治っています。

新生児ニキビは多くの赤ちゃんに見られる症状ですので、あまり神経質になりすぎず毎日のケアを行いましょう。

乳児脂漏性湿疹

症状

乳児脂漏性湿疹は新生児ニキビとセットであらわれることが多く、黄色いかさぶたのようなものが顔や頭皮にまで広がります。

基本的にはカサカサのものですが耳などよくこすったりする部分は汁が出たり赤くただれたりすることもあります。

放っておけばポロポロと取れてくるので無理に剥がしたりしなければ薬を塗ったりする必要はありません。

乳児脂漏性湿疹はいつまで?

新生児ニキビと同じく早ければ生後1週間くらいから乳児脂漏性湿疹がみられることもあるのですが、生後数週間くらいが一番多いようです。

こちらもママのホルモンの影響が薄れてくる3ヶ月ころを境に治まってきます。

しかしながら、脂漏性湿疹自体は大人もなることがありますので長引くようであれば専門機関へ受診しましょう。

対策、ケア方法

乳児脂漏性湿疹も新生児ニキビと同じく「清潔にすること」と「保湿」が重要になります。

乳児脂漏性湿疹は黄色いかさぶたができますので無理にはがさないようにしましょう。毎日しっかりケアしてあげればいつのまにか取れています。

耳切れや目の周りに湿疹が出来てしまい、目が開きにくいといった症状が続くようでしたら病院へ相談しましょう。

私の子どもも目の周りにできた乳児脂漏性湿疹がひどくて可哀想でしたが、お風呂でしっかりと汚れを落として1日2回の保湿を続けていると数日でよくなりましたよ〜。

乾燥性湿疹

症状

赤ちゃんだけじゃなく大人も悩まされることが多い乾燥性湿疹。

症状としては皮膚がカサカサしている・ブツブツが見られる・肌触りがザラザラしているなどが挙げられます。

その名の通り、乾燥が原因なのでしっかり保湿してあげましょう。

乾燥性湿疹はいつまで?

生後3ヶ月ころを過ぎて乳児脂漏性湿疹が落ち着いた・・・と思ったら次は乾燥性湿疹になってします、というケースが多いようです。

赤ちゃんはまだまだ皮膚が未熟なため肌トラブルが多くなるのは仕方がないことですね。

乾燥湿疹に関してはいつまで続くのかという目安はないですが、少しカサカサしているからといって何も対処しなければアトピーにつながることもありますので保湿などの毎日のケアがとても重要です。

対策、ケア方法

「乾燥性」湿疹と言えば一番大事なのは保湿することです。

保湿はお風呂あがりご10分以内に行うことがポイントです。あがったあと時間が経つにつれ肌から水分が逃げていきますので、出来るだけ速く保湿をしてあげてください。

また、お風呂あがりだけでなく起床後も保湿してあげるとよいでしょう。その際、いきなり保湿剤を塗るのではなくお湯で患部を拭いてキレイにしてから塗ってあげましょう。

赤ちゃんのアトピー

症状

アトピーは赤ちゃんになって欲しくない肌トラブルNo1ではないでしょうか。

ある特定のアレルギー物質に反応して起こることが多く、顔だけでなく体全体に湿疹が広がることが特徴で出たり収まったりを繰り返します。

かゆみを伴いジュクジュクしたり切れたり(耳切れなど)する症状がみられます。

初期の場合は新生児ニキビなどと似ているため、専門の医師でも見分けることは困難な場合が多いようですが離乳食が始まる4、5ヶ月頃になると検査での診断ができるようです。

赤ちゃんのアトピーはいつまで?

1ヶ月ごろから赤ちゃんにアトピーが見られることもありますが、上に書いたとおり新生児ニキビなど他の乳児湿疹と区別がつかないことがほとんどです。

3ヶ月を過ぎてもよくならない、体全体に湿疹が広がるといったことがあればアトピーの可能性もありますので気になることがあれば早めの受診がよいでしょう。

赤ちゃんのアトピーは大人よりも治りやすいと言われており、適切な処置をすれば1歳半〜2歳頃で軽快もしくは完治することがほとんどなようです。

慢性化させないためにも、しっかりと赤ちゃんの肌をチェックしてあげてくださいね。

対策、ケア方法

アトピーとは年齢が大きくなるにつれ治りにくくなりますが、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎はほとんどが治るものです。

予防として新生児期から保湿を行っていれば3割ほどアトピー性皮膚炎のリスクを減らすことが最近の研究でわかってきました。

一度なってしまうと病院で薬をもらって治療になります。保湿剤とステロイド剤が処方されることが多いようです。

ステロイド剤が気になるからと言って、もらった薬を使わずに自己判断だけで処置を行うのは危険です。必ず担当の先生に相談してくださいね。

接触性皮膚炎

症状

ちょっと難しい言葉で特殊な病気かと思われるかもしれませんが、いわゆる「かぶれ」というやつですね。何か特定の物質に触ると痒くなったり荒れたりします。

アレルギーが原因なものと特定のものに反応する刺激性のものとがあります。

他の乳児湿疹との違いはどこかの部位に発症するということではなく「反応する物質が触れた部分だけ」に湿疹などの症状が見られます。

原因の物質がわかっていて軽度のものであれば気をつけて避けるようにすればいいのですが、膿んだり水ぶくれになったりとひどくなっている場合は病院へ診てもらいにいきましょう。

接触性皮膚炎はいつまで?

接触性皮膚炎は大人でもなることがありますのでいつまでかという区切りはありません。

しかし、原因となる物質を特定できればそれを避けるだけで接触性皮膚炎にはなりませんので、病院で検査をして何に反応しているのかを突き止めましょう。

対策、ケア方法

接触性皮膚炎の一番の対策は症状を起こす要因を排除することになります。

いつ、どこで、どんなときに、どの場所に症状がでるのかをしっかりと把握しておくと、要因の特定がしやすくなります。

赤ちゃんの場合はよだれかぶれが接触性湿疹の一つです。(原因:よだれ、離乳食など)

症状が出た場合はかぶれたりしている箇所を触らないようにして、常に清潔を保つことが大切です。

おむつかぶれ

症状

赤ちゃんに起こる肌トラブルの常連とも言えるおむつかぶれ。

おむつに包まれている部分が赤くなったり発疹がでるなどの症状が見られ、かゆみや痛みをともないます。

ひどくなると見た目にも痛そうなくらい赤く腫れたり、ジュクジュクしてきたりするのでそうなる前にケアしてあげたいですよね。

おむつかぶれはいつまで?

薬を塗って常に清潔にしていると早ければ2週間くらいで落ち着くことが多いようです。ただ、おむつ内の環境が悪かったりおむつが肌に合わなかったりすると繰り返し再発することもあります。

1歳、2歳になってもまだ症状が出ているケースもあるので、何歳まで続くのかということに関してはおむつかぶれという名の通り「おむつが外れるまで」は付き合っていかなければならないようですね・・・。

対策、ケア

おむつの中が高温多湿になることが原因なのでおしっこやうんちが出ていなくても換気目的でおむつを替えたり開けるのがいいですね。

特に長時間のドライブやベビーカーでの外出時は同じ姿勢が続きますのでムレる原因となります。定期的におむつチェックや抱いて姿勢を変えてあげましょう。

症状が軽いと市販の軟膏や保湿剤でケアができます。

赤ちゃんのふけ

症状

赤ちゃんにでるフケの代表的な原因として乳児脂漏性湿疹が挙げられます。

頭皮にできた乳児脂漏性湿疹のカサカサが剥がれてフケのように見えるんですね。

白い皮のようなものが付いていたりウロコのようなものが髪に絡まっていても、毎日お風呂に入って清潔にしていればそんなに心配することはありません。

赤ちゃんのふけはいつまで?

原因が乳児脂漏性湿疹の場合はおおむね3ヶ月ごろを境に治まってくることが多いです。

ただ、それ以降もフケが出続けていたり余計にひどくなる場合は他の皮膚トラブルの可能性があるのでかかりつけのお医者様に相談に行くのがよいでしょう。

対策、いつまで

赤ちゃんのフケはまず毎日お風呂に入っておくのが第一です。

お風呂に入っていてもフケが出る場合は「きちんと洗えてない」「他の肌トラブルが原因」と考えられます。

赤ちゃんの頭を洗うのって、最初は結構怖いですよね。あまりゴシゴシ洗わないように丁寧にするのはいいのですが、丁寧になりすぎてしっかり洗えていないこともあるのです。撫でるだけの洗い方だと汗や汚れが取れにくいため洗い方を変えてみましょう。

それでもフケが出続ける場合、乾燥性湿疹によるカサカサが出ていたりと他の肌トラブルの可能性があるので病院で診てもらうことをおすすめします。

おまけ:ウンナ母斑

症状

後頭部から首、うなじにかけて赤いあざのようなものが広がります。凸凹はしておらず、境界線がはっきりとしています。

パッと見たところ結構な赤色なので痛そう・・・と思ってしまいますが、痛みやかゆみなどはないとのこと。

コウノトリが赤ちゃんを運ぶときに咥えたクチバシの跡、といった神秘的な言い伝えがあるようですね〜。

ウンナ母斑はいつまで?

だんだん赤い色が薄くなって1歳から2歳までには治るとされています。

ただ、まれに大人になっても残っている人がいるそうで、気になるならレーザーでの治療となります。

1歳半を過ぎても赤みが引かない場合は残ることも考えておいた方がよさそうですね。

乳児湿疹を慢性化させないためには毎日のケアが大切

生まれたての赤ちゃん特有の新生児ニキビや脂漏性湿疹は正しくケアしてあげればひどくなることはなく、3ヶ月頃を目安に落ち着いてくるので安心してくださいね。

赤ちゃんのアトピーも軽度のものであれば薬を使わなくても保湿や部屋環境を整えるだけで大丈夫なケースが多いようです。

ただ、掻いたりして悪化してしまうと通院&薬での治療をしないといけなくなります。

特にアトピーなどの肌トラブルは慢性化してしまうと完治するのに苦労しますよね・・・。

今の時期にできる対処法が赤ちゃんを肌トラブルから一生守ることができることに繋がるので、毎日しっかりケアしてあげましょう♪