新生児ニキビとは生後2週間後〜3ヶ月ごろまでに見られる赤ちゃんの肌トラブルです。

大人のニキビと同じように赤いブツブツとした発疹が見られるのが特徴となります。

赤ちゃんのころはどうしても肌トラブルが多いのですが、できるだけならないようにしてあげたいですよね。

そこで、実体験も踏まえて新生児ニキビの原因とケア方法、予防法をまとめました。

新生児ニキビの症状って?

新生児ニキビは大人のニキビと同様に赤いぶつぶつがあらわれます。主にほっぺやおでこなど顔にできることが多いようです。

発疹だけならいいのですが、手で顔を触ってしまうことが多いと赤くただれたり膿が溜まってしまったりするので注意してあげてください。

私の子どもも新生児ニキビが出たのですが小児科に行って診てもらうと「体にも出てるし乳児湿疹だね」と言われました。

乳児期に出る発疹は乳児湿疹としてひとまとめにされることが多く、処置の方法も同じようなものがほとんとです。

ただ、本サイトを始め様々な書籍でも新生児ニキビとして情報を載せていますがまずは小児科へかかって話を聞くことをおすすめします。

新生児ニキビの原因とは?

新生児ニキビに限らず乳児期は肌トラブルが多く発生する時期です。

これといった特定の原因はなく、ホルモンの影響や母乳の状態、寝具などの清潔さなどが原因となって発疹が起きることが多いようです。

ですので神経質になりすぎないようにしましょう。

たとえば、雨が続いて寝具が洗えなかったので肌環境が悪くなり発疹がでることや、ママが油ものを多く食べた日は赤ちゃんにブツブツがあらわれたり様々です。

ちょっと注意しておくと原因となる出来事に気づくことができるため、簡単な日記のようなものをつけて記録しておくとよいでしょう。

赤ちゃんにも安心な新生児ニキビのケア方法

いくら気をつけていたとはいえ、新生児ニキビがでてしまうことはあります。

明らかにひどい新生児ニキビの場合は薬が処方されますが、まず小児科に行って言われたのが「常に清潔にしておいてください」でした。

生まれたての場合は薬を処方されることが少なく、肌に触れるものを清潔にして、お風呂などでしっかりと汚れを落とすことが重要だそうです。

この時、ゴシゴシするのは絶対にNGです。

たっぷりの泡で優しく、洗う指が赤ちゃんの肌に触れないように丁寧に洗ってあげましょう。

タオルで拭いてあげるときもこすらずにポンポンと叩くように水分を取ります。そして肌に水分が残っているうちに保湿するのをお忘れなく!

新生児ニキビにならないために

赤ちゃんは肌が弱く皮脂などの汚れがたまるとすぐに肌トラブルに発展してしまいます。

でも出来る限り、新生児ニキビを始めとするいわゆる「乳児湿疹」は防ぎたいですよね。

乳児湿疹は肌環境が悪化していると出やすくなると言われています。

赤ちゃんが触れる寝具や衣服などは常に清潔にしておくこと、毎日の入浴はもちろんのこと肌バリア機能を正常にしてあげることも大きなポイントです。

肌バリアとはわずか0.02mmという角質層で私達の肌を乾燥や外的刺激から守ってくれているものです。皮膚トラブルが多い乾燥肌や敏感肌はこの肌バリアが正常に機能していない状態とも言えます。

赤ちゃんはこの肌バリアの機能がまだ未熟なため私達がしっかりと守ってあげることが大切なんです。弱酸性の石鹸とか、保湿とか、様々なケアがありますよね。

そんな中、従来の保湿だけでなく肌バリアの事まで考えたスキンケア商品が「ファムズベビー」です。

バリア・スキンケアという今までにないケア方法が注目のファムズベビー。私も乳児期の赤ちゃんに使ってその効果を実感しています。

ファムズベビーの口コミを信じて赤ちゃんに使った結果【比較画像有り】

不要な肌トラブルの防止は赤ちゃんのケアだけでなくママの負担軽減にもつながります。保湿ひとつで毎日の子育てに余裕を生むことができるかもしれません。

多くの人がその効果を実感してレビューしているのでぜひ一度チェックしてみてください。

公式サイトを見てみる ⇒【ファムズベビー】