潤静(うるしず)の保湿力を実感!口コミに騙されないレビュー
肌の状態が不安定な赤ちゃんや子どもから、大人まで使える「潤静(うるしず)」。

潤静は無添加にこだわって作られた新発想の低刺激高保湿ローション。
植物由来エキス98%なので0歳の赤ちゃんから使うことができます。

しかも、単なる保湿するだけでなく独自のバリアリペア処方でカサカサ・ゴワゴワといった不快感からくる肌のかきむしりにオススメです。

ただ、潤静の口コミや体験レビューはそれほど多くないんですよね。ネットで調べてみてもホントに使ったの?というようなサイトが多くヒットしてきます。

私は潤静を実際に使っているのですが本当によかったので率直な感想をお届けします!

赤ちゃんや子どもに使える保湿剤で安心安全なものをお探しの方にはぴったりな保湿ローションですよ〜☆

\ 公式サイトを見てみる /
潤静~うるしず~

潤静〜うるしず〜の口コミ

  • ベタつきのない使用感で使ったあとはもっちりとした肌に。とても使い心地がよく保湿力も抜群です。
  • 刺激はなく、しっかりと潤っている感じはするのにべたつかないのが○。この保湿されている感じが意外にも長時間続くので何度も塗り直ししなくていいのも嬉しいですね。
  • 乾燥&超敏感肌でも安心して使えました。ピリピリした感じは全くなく、自然とうるおいが保てている実感があります。保湿力が持続しているので塗り直し回数も少なくて肌にも優しい感じがお気に入りです。
  • 赤ちゃんに使っていますがとってもいい感じです。ワセリンなどの保湿剤はべたつくし、顔を触った手をそのまま口に入れてしまうことが多く心配でしたが潤静はすぐにベタつきがなくなるので安心して使うことができます。
  • 乾燥肌の子どものために他の保湿剤を使っていましたが、ベタベタするのがイヤでなかなか塗らせてくれませんでした。潤静を使い始めてからはスッと肌に馴染んで乾燥した感じがなくなるのがいいようで朝晩は必ず塗ってとお願いされるほどお気に入りのようです

様々なサイトやSNSをチェックして潤静の口コミをチェックしましたが「べたつかない」「無添加で安心」というキーワードが必ずと言っていいほど書かれていました。

潤静は赤ちゃんや小さな子どもはもちろん、忙しいママにも人気が高いようです。

一方でベタベタしないからこそ、保湿されていないのでは?と不安になる方もいらっしゃるようでそれがデメリットだという口コミも見かけました。

潤静は化粧品として初めて配合された超高分子PGAの独自処方により肌表面に膜を作り水分蒸発を防ぐことで長時間潤いをキープします。ですので、実感として保湿されていないようでもちゃんと水分は保たれているのです。

肌が手に吸い付くようなペッタリとした保湿感を期待されている方にとっては物足りないと思われますが、見えないところでしっかりと保湿されているのが潤静なのでこのあたりは好みでわかれるところかもしれませんね。

潤静を使ってみました!実体験レビュー

潤静の口コミではべたつかないけどしっかり潤っているというレビューが多くみられましたが本当でしょうか?

乾燥肌・敏感肌の私が実際に試してみました!

シンプルなボトルにすっきりしたデザイン

潤静(うるしず)のボトル画像

保湿剤や化粧水って、無駄な保湿力アピールや効果のピックアップがゴテゴテとデザインされていることがよくありますが、潤静は白を基調としたシンプルなデザインに、自然由来を連想させる緑をアクセントカラーとするロゴが配置されたとてもスッキリしたものになっています。

背面には潤静で使用されている全成分が省略されることなく書かれていました。公式サイトや商品の同梱チラシにも書かれていたのですが、多くの天然由来成分が記載されていて安心感を覚えます。

潤静を使う前にパッチテストを

早速、手にとって顔に塗る・・・前に!

潤静ではパッチテストを行うことを推奨しているようです。

パッチテストとは、少量を肌に塗って時間をおいても異常がないか確認する皮膚テストのこと。

潤静(うるしず)を使う前にはパッチテストをしましょう

低刺激で敏感肌の方にも使えるとはいえ、すべての人に対して異常なしということもありえないので念のためということでしょうか。
そんなに時間がかかるものでもないですので、潤静を使う前にやっておくことをおすすめします。

パッチテストのやり方も丁寧に記載されているところも◎。

開発者の方の心配りが感じられますね。

潤静は保湿剤とは思えない色でびっくり

潤静(うるしず)の色はオリーブオイルに似ています保湿剤や化粧水って乳白色か透明なものが多いですよね。

ところが、ボトルの隙間から見え隠れする潤静の中身はなんと黄色っぽい色味をしています。

例えるなら・・・オリーブオイルっぽい感じの色ですね。

この黄色いテクスチャの正体は潤静独自のスキンサポート成分の一つである「キハダ樹皮エキス」の天然の色なのです。

【手に取った画像】
手に取った感じはトロリとしていて、やっぱり黄色ですね。

潤静はべたつかないという口コミが多かったので、もっと水っぽいサラリとした感じなのかなと思っていたのですが意外ととろみがありました。

潤静の保湿力を実感。しっかり浸透。しっとり長持ち・・・?

潤静は全身に使えるとのことですが、保湿剤といえば顔でしょうということでまずは洗顔後に使ってみました。顔を洗ったあとは保湿剤を塗らないと一日中顔がパリパリカサカサしているくらい、感想肌の私。

まず、顔全体に塗ってみたのですがスーッと伸びがよくゆっくりと肌に入り込む感じがして、とっても優しい使用感です。

合成香料不使用、ということですがほんのりと何かが香ります。これは天然由来の自然エキス成分の香りだそう。

塗った直後は少しベタつきがありますが、すぐに肌に馴染み自然に保湿されているようなしっとり感が保湿されていると感じさせてくれます。

ただ、それも気が付いたらなくなっていて「本当に保湿されているのかな?」と不安に思う口コミにも納得してしまうくらいベタつきが感じられなくなりました。

じゃあ、肌はカサカサしているのかというとそれは全くありません。
ベタベタの膜で保湿されている感はなく肌がつっぱっている感じもせずに、自然に馴染んでいるという印象です。

潤静の口コミで「保湿されている感が足りない」というのは今までの乳液・化粧水がべったりしていたのでそのギャップのせいではないでしょうか。

赤ちゃんや小さい子どもがいる私としては塗ってすぐにスキンシップができますし子どもが触ってその手をそのまま口に入れてあわわ・・・という心配もないので安心して使えています。

\ 公式サイトを見てみる /潤静~うるしず~